4B3FBE975E39565101DF63BDD25B4677 Blog | 十祇家烏丸三条店店長ブログ|<個室・貸切>河原町・烏丸御池の居酒屋,完全個室宴会 十祇家烏丸三条店

RESERVATION ご予約・お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください

BLOG 店長ブログ

たまに更新してます。

MAIL MAGAZINE メールマガジン

十祇家烏丸三条店より情報をお届け!!
是非ご登録下さい♪

COUPON お得なクーポン情報

お得な期間限定クーポンです。

RECRUIT 求人情報

「十祇家烏丸三条店」の求人に関する情報です。

Blog | 十祇家烏丸三条店店長ブログ店長ブログ | togiya dining japanease pub kyoto

MEETS BEER その4 「フランチィスカーナー・ヘーフェヴァイス」

2015年10月07日 22時30分56秒

カテゴリ:新着・お知らせ

「MEETS BEER」はBEERDINING IYASAKAで取り扱いのある、または過去に取り扱ったことのあるビールたちを紹介していきます。
 今回は「フランチィスカーナー・ヘーフェヴァイス」です。
ドイツのビールでスタイルでいうところの「ヴァイツェン(ヴァイスビア)」です。ALC.5.0%
ヴァイツェンは南ドイツ地方で古くから造られている伝統的な小麦を使ったビールです。
 もちろん大麦も使用しますが、小麦を50%以上使用しないとヴァイツェンと呼んではいけないそうです。
またサブカテゴリーも多く、酵母の入った「ヘーフェヴァイツェン」
逆に酵母を濾過した濁りのない「クリスタルヴァイツェン」、濃色の
「デュンケルヴァイツェン」などです。
 今回の「フランチィスカーナー・ヘーフェヴァイス」は、「ヘーフェ」つまり「酵母」を濾過せずにボトリングされた濁りのあるビールです。
 このビールの特徴は、白濁した色とバナナのような香りです。泡立ち・泡もちともに良く、フルーティで苦味はさほど感じません。
 ビールの苦味が苦手という方にオススメです。
ドイツの白いソーセージ「ヴァイスブルスト」と合わせても面白いかもしれませんね。

MEETS BEER その3 「ダブルホップモンスター」

2015年10月03日 20時50分57秒

カテゴリ:新着・お知らせ

「MEETS BEER」はBEERDINING IYASAKAで取り扱いのある、または過去に取り扱ったことのあるビールたちを紹介していきます。
今回は「ダブルホップモンスター」イギリスのビールでスタイルでいうところのIPA(インディアペールエール)です。ALC.7.2%
ペールエールとは以前に紹介したイギリス発の薄色エールのことですが、なぜインディアが付くかと言いますとそれはインドに由来するのです。
インドがイギリスの植民地だった頃、多くのイギリス人がインドで暮らしてました。そんな人たちのためにイギリスから船でペールエールを送っていたのです。
イギリスからインドまでの長い道のりでビールが傷んでしまわないように防腐効果のあるホップを大量に加えました。それがインディアペールエールのはじまりです。
ホップを大量にくわえるので苦味と香りが豊かになります。IPAの特徴ですね。
ちなみにこのダブルホップモンスターは1799年創業のグリーンキング醸造所で造られ、5種類のホップを2回に分けて投入(レイトホッピング)しています。
華やかな香りとガツンとくる苦味、さらにモルトの甘味が絶妙です。
最近京都のあちこちでよく見かける「IPA」なんとなくこのスタイルが流行ってるみたいです・・・

MEETS BEERその2「フラーズロンドンプライド」

2015年10月03日 01時28分39秒

カテゴリ:新着・お知らせ

「MEETS BEER」はBEERDINING IYASAKAで取り扱いのある、または過去に取り扱ったことのあるビールたちを紹介していきます。
第2回は「フラーズロンドンプライド」
イギリスのビールでスタイルでいうところの「イングリッシュペールエール」です。
ALC.5.0%
「イングリッシュペールエール」はイギリス南部のバートンオントレントという街で生まれました。
この街のトレント川の水(カルシウムを多く含む硬水)がこのスタイルに大きく影響したようです。
この水に多く含まれるカルシウムはビールの色を濃くしすぎず、
浮遊物の沈殿を助けクリアーなビールを造ります。
また硫黄も含まれるため、この硫黄の効果でホップの苦味成分を抽出しやすくなります。
このような要素が「ペール(薄色)エール」を生み出しました。
薄い色といっても「ピルスナー」誕生のずっと前ですから、当時の
上面発酵ビールに比べて薄いということです。
薄茶色って感じです。

この「ロンドンプライド」というビールは、フラーズという350年以上の歴史を持つ醸造所で造られています。三種のホップを使用。苦味はそれほど強くなく、喉越しもスムースです。
ホップの複雑なアロマとモルトの甘味。非常にバランスがよく、ゆったり味わうことのできる優雅なエールだと思います。
フライドポテトとペールエールでイギリスのパブ気分。いかがでしょう?

十祇家烏丸三条店お席・個室

十祇家烏丸三条店 2F・3F席のご案内です。
団体様のご予約受け付けております!

十祇家

姉妹店。「十祇家」のご案内です。